京都国際映画祭2016クリエイターズ・ファクトリーの審査員である映画史研究家の春日太一さんが、「落研冒険支部」についての感想を語ってくれました。 動画でご覧ください。



春日太一さんはtwitterにも「落研冒険支部」について書き込みをしていただいてます。

・京都国際映画祭クリエイターズファクトリー、第三回にしてようやくコンペ上映としての「形」が成り立ったように思います。 天明さん、松崎健夫さんのチームぷらすとも素晴らしい審査で審議時間が楽しくてたまりませんでした。 大賞は飯野歩監督「落研冒険支部」。一本だけ図抜けた、素敵な作品でした。(春日太一@熊本を全力で応援します @tkasuga1977 10月15日 )

・こちらは大賞を受賞した「落研冒険支部」へのトキメキが抜けず、ちゃんとしたことは書けそうにない(笑) ストーリー展開、キャラクター造形、伏線、撮影、演技の全てがとんでもない完成度と魅力。(春日太一@熊本を全力で応援します @tkasuga1977 10月16日 )

・あと、京都国際映画祭クリエイターズファクトリーで大賞を受賞した「落研冒険支部」はヒロインの女子高生を演じた女優三人がいずれも素晴らしく、中でも小園優さんは審査員全員の心をわしづかみ。 で、後で年齢知ってビックリ。女子高生からけっこう遠い。見事な演技だったんだと改めて思い知る。(春日太一@熊本を全力で応援します @tkasuga1977 10月16日 )

・それから。京都国際映画祭クリエイターズファクトリーで大賞を受賞した「落研冒険支部」でヒロインの一人を演じた小園優さんの魅力は語れることが多いけど。いま一番印象に残っているのは姿勢の良さ。立ち姿のシルエットが美しいから画になるし爽やかな好感がもてる。ここに注意の行かない俳優は多い。(春日太一@熊本を全力で応援します @tkasuga1977 10月16日 )

→春日太一さんtwitterはこちら
→春日太一さんのブログ"春日太一の「雪中行軍な人生」"はこちら

* * * * * * * * *

もう一人の審査員である映画評論家・松崎健夫さんもtwitterにてご感想をいただきました。

・京都国際映画祭クリエイターズ・ファクトリー エンターテインメント映像部門、春日太一さん、天明晃太郎さんとの「WOWOWぷらすと」チームで審査した結果、飯野歩監督の『落研冒険支部』がグランプリに。演出は勿論、鈴木築詩さん、小園優さん、東野瑞希さん主演3人の演技も素晴らしい作品です。(松崎健夫 (松崎B) @eigaoh 10月16日 )

・中でも小園優さんの演技アプローチに対する賞賛は全会一致の見解。主演女優賞をお贈りしたいほどです。(松崎健夫 (松崎B) @eigaoh 10月16日 )

→松崎健夫さんtwitterはこちら