女流・落研フライヤー s

6/17(土)に「落研冒険支部」と映画「女流棋士の春」との同時上映が決まりました。「女流棋士の春」はゲームクリエイター・イシイジロウ氏が初めて実写作品の監督を手がけた短編映画です。

「落研冒険支部」監督の飯野は、イシイ氏が手がけたゲーム作品「428〜封鎖された渋谷で」や「タイムトラベラーズ」の演出・撮影などのメインスタッフとして関わり、「女流棋士の春」でも撮影監督として参加しています。その縁で、このたび同じ短編映画ということもあり、同時上映の企画を実現することができました。

"目隠し将棋"という、脳内だけで進めていく将棋をテーマに、人を大切に思う気持ちを表現した素敵な作品です。主演に実際の女流棋士・香川愛生さんを迎えたこの作品は、”人のために行動を起こす”という点で、「落研冒険支部」と共通します。

作品のテイストは対照的な2作品ですが、どちらもエンターテイメント作品として、ぜひお楽しみください。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


【「女流棋士の春」×「落研冒険支部」上映対決!】

伝説のゲーム「428〜封鎖された渋谷で」を生み出したイシイジロウが実写映画の世界に初挑戦。
その監督作「女流棋士の春」と、「428」で撮影・演出を担った飯野歩の最新グランプリ受賞作「落研冒険支部」を同時上映。
ゲームから実写映画に場を移した対照的な二つのエンタテイメント世界がいまここに!


日時:2017年6月17(土)
   <昼> 13:30開場 / 14:00開演
   <夕> 17:00開場 / 17:30開演

出演:イシイジロウ(ゲームクリエイター・原作・脚本家)
   飯野歩(映像ディレクター・カメラマン)

会場:東京・世田谷「エムズ・カンティーナ
   世田谷区上馬4-4-8 新町駒沢ビル 2階
    (東急田園都市線・駒沢大学駅徒歩1分)

料金:1,500円 (自由席・入退場自由・各回入替制)+500円(1ドリンク)

ご予約&お問合せ:「エムズ・カンティーナ」03-6450-8111
予約フォーム: https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/

※「女流棋士の春」のDVDを購入して、当日会場にお持ちいただけたら、イシイ監督がサインをいたします。


【上映作品】

 ・「女流棋士の春」
  心を閉ざした女流棋士・賀川春と、彼女に”目隠し将棋”を仕掛ける青年・沢田一二三。二人に交錯する「秘めた想い」。
  【 トリウッドロードショー、ドロップ・シネマ・フェスティバルvol.28上映 】

  「428〜封鎖された渋谷で〜」等で知られるゲームクリエイター・イシイジロウが監督した初の実写作品。
  インディーズ作品ながら、実際の女流棋士・香川愛生氏を主演に起用し、下北沢トリウッドにて一週間のロードショーを実現。
  http://eiga.com/movie/85885/


 ・「落研冒険支部」
  落語研究部に入部した女子高生・五月みどりが巻き込まれる中国人マフィアからのドタバタ逃避行劇。
  【 京都国際映画祭2016グランプリ、第9回おもいがわ映画祭準グランプリ、第2回神保町映画祭準グランプリ、第12回山形国際ムービーフェスティバル2016脚本賞・MX4D賞 】

  「428〜封鎖された渋谷で〜」等で撮影・演出を手がけた飯野歩の自主企画作品。
  京都国際映画祭コンペ部門でのグランプリ受賞をはじめとして、2016年の各地の映画祭で準グランプリほか多数受賞。
  http://ochiken-bouken.blog.jp/


【スケジュール】

<昼>
13:30 開場

14:00 『落研冒険支部』(2016年/28分)
    監督:飯野歩 出演:鈴木つく詩、小園優、東野瑞希

     上映後:イシイジロウ×飯野歩、関係者トーク

15:00 休憩

15:10 『女流棋士の春』(2016年/30分)
    監督:イシイジロウ 出演:香川愛生、澤田拓郎 撮影監督:飯野歩

     上映後:イシイジロウ×飯野歩、関係者トーク

16:10 終了



<夕>
17:00 開場

17::30 『落研冒険支部』(2016年/28分)
     監督:飯野歩 出演:鈴木つく詩、小園優、東野瑞希

     上映後:イシイジロウ×飯野歩、関係者トーク

18:30 休憩

18:40 『女流棋士の春』(2016年/30分)
     監督:イシイジロウ 出演:香川愛生、澤田拓郎 撮影監督:飯野歩

     上映後:イシイジロウ×飯野歩、関係者トーク

19:40 終了

--------------------------------------------------------------------------------

【イシイジロウプロフィール】
ゲームクリエイター・原作・脚本家として多方面で活躍。代表作としてゲーム「428 〜封鎖された渋谷で〜」など。「女流棋士の春」では初めての実写作品で脚本・監督を手がける。
http://qreators.jp/qreator/ishiijiro


【飯野歩プロフィール】
京都国際映画祭やPFFアワードなどで多数の受賞暦を持つ映像制作者。MVやゲーム作品なども手がけつつ、自主制作の映画作品ではエンターテインメントを目指した勢いのある作風が特徴。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/ayumu/