・< 京都国際映画祭2016 クリエイターズ・ファクトリー部門 > 「グランプリ」受賞
・< 第9回おもいがわ映画祭 > 「準グランプリ」受賞
・< 第2回神保町映画祭 >「準グランプリ」受賞
・< 第12回山形国際ムービーフェスティバル2016 > 「脚本賞」「MX4D賞」受賞
・< 第14回中之島映画祭 > 入選
・< 第6回知多半島映画祭 > 入選
本編03
 「とにかくやりたいことをやろう」

 それを合言葉に製作されたのが、映画「落研冒険支部」。

 「やはり映画を作りたい」という思いから、誰からの依頼でもない"自分たちの企画"として製作された短編映画である。

 少しくらいの「ありえない設定」や「うそー?な演出」も、それが「やりたい」なら、恥ずかしがらずにやってしまえ、という思いで今作を監督したのは、数々のMVや「428 封鎖された渋谷で」などのゲーム作品で演出・撮影に携わった飯野歩。

 友人でもある映画監督・松田彰のプロデュースと、漫画原作などを手がける市村政晃のオリジナル脚本を得て、日常生活から少しだけ飛び出した青春冒険譚を描く。

 真っ直ぐで正義感にあふれながら、落語が大好きという主人公・五月を演じたのは、「ファンケル大人のカロリミット」のCMなどで活躍の鈴木築詩。

 つかみどころのない態度の中に、冷静な計算を働かせる落研部長・田丸には映画「ハッピー・ウェディング」やCMソングなどで多才な小園優。

 マフィアから逃げていながら、どこかとぼけた雰囲気を醸し出す中国人少女・郭には、youtubeのゲーム動画などで人気の東野瑞希。

 初めて出会った少女たちの、ちょっとのん気で、ちょっと真剣勝負で、ちょっと切ない、たった数時間の体験が、あなたに届くことを願って……